FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日突然、わたくしパナミンとダンナさん・通称ジジは
犬を飼いたくなりました。

偶然、住んでいるマンションがペット可物件だということを知り
“飼わなきゃソンだ”的な意味不明の使命感にとらわれたのです。

幸いジジは実家で犬を飼っていたこともあるので
ペットの扱い方はお手のもの。

私は黒猫&ハムスターの飼育経験ありと
これまたペットマスター(=_=;)?

こりゃぁ飼わねば!と狭い1Rマンションで
ふたりの犬種選びが始まりました。


あらゆる犬図鑑を買い揃え、あーでもないこーでもないと
日々悩み続けました。
最終選考に残ったのは次の3種類。

フレンチブルドッグ:ふてぶてしい表情がナイス。
ボストンテリア:チャビーなのに脚長って・・・。最高。
イタリアングレーハウンド:キャッチフレーズは“ほっそりと愛らしい”


最初にリストにあがったのはフレンチブル。
とにかく可愛い。
会社の先輩もクリームのフレンチブルを飼っていて
時々会社にも連れて来ていたのですが、
あの顔とあの歩き方に心を奪われっぱなしでした。

でも先輩と同じ犬種というのにどうしてもひっかかる。
街でもフレンチブルを多く見かけるようになった・・・。
今考えると、どうでもいいことなんですがね。
とにかく当時は人があまり飼っていないような犬にしたかったのです。

そんな理由もあり、第2候補のボストンテリア。
一見“フレンチブル?”と思わせるお顔、でも
よく見ると足はスラリと長く、毛色もパキッとタキシード柄。

何だかステキじゃな~い?と勝手に自己満足。
ただ、ジジのほうがボストンテリアよりフレブルがお気に入り。
『素人目にはフレンチブルだよね・・・』という一言もありつつ、
そんなこんなで却下。


最後に残ったのがイタグレ。
大むかしにO.Z.メルボルンに住んでいた頃、
近所でよく散歩しているのを見かけた犬がこのイタグレ。
親友の子のお家でもウィペットを飼ってました。

一瞬ドキッとするそのビジュアルとは裏腹に
物静かで愛情深く物腰もソフト、短毛で匂いもなく飼いやすい...。
ふむふむ、我が家にはぴったりではなかろうか。

購入した犬図鑑のイタグレくんが最高にステキだったこともあり、
ジジもこのチョイスには大賛成。
こうして我が家の新たな家族はイタグレに決定したのでした。

banner_03.gif 
がんばるドガたちに、応援の1クリックをお願いします。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://panamin.blog107.fc2.com/tb.php/2-553311ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。